スタッフブログ

派遣社員でも産休・育休は取得できる?

こんにちは!アシストエンジニアリングです。

昨今、様々な理由から、派遣で働くという選択をされている方が非常に増えてきており、派遣社員であっても、条件を満たしていれば正社員として働く女性と同様に産休・育休を取得することが可能になります。

そこで、今回は派遣社員が産休・育休を取得できる条件を解説します。

まず、産休とは産前休業と産後休業を合わせて「産休」とよびます。

産休の条件は「働いている女性」であり、雇用形態は関係ないため、妊娠の報告を会社にした上で請求すれば、産前休暇・産後休暇ともに取得することができます。

育休に関しては、有期雇用契約労働者の場合、諸条件があります。

有期雇用契約者が育休を取得するには

・1歳に満たない子供を養育する男女の労働者であるか

・同じ会社に過去1年以上継続して雇用されているか

・子供が1歳6ヶ月に達する日まで、労働契約の期間が満了することが明らかでないか

の3つが条件となります。

また、上記の条件を満たしていても下記の条件に該当する方は育休を取得することができません。

・継続した雇用期間が1年に満たない労働者

・育休の申出日から1年以内に雇用関係が終了する労働者

・1週間の所定労働日数が2日以下の労働者

の3つの条件に該当する方は育休を取得することができません。

会社側は、要件を満たしている労働者の育児休業を原則として拒むことはできませんが、上記にあてはまる労働者であれば育休の申出を拒まれることがあります。

またこれらは男女ともに同じ条件です。

派遣社員の方も産休・育休は取得できます。

多様な働き方が広まっている為、こうした国の制度を上手に活用していきましょう。

※産前産後給付金制度は条件が異なります。